バイクで転倒

きのう、みかんが、塾に行く途中バイクでまさかの転倒。段差が越えられなかった、服が破けたという電話に唖然。あそこ、段差って小さかったはず…..
昨日、全く眠れなかったというのだから、バイクはやめておくようにいうべきだったねマム。

転んだところに車が来て轢かれるとか、手足がバイクに挟まって折れるとか、頭打つとか、なくてよかった。運動用のスパッツの布が破れ、膝が人参のすりおろしになっただけで、あとは軽く手を切り、腰を打っただけでヘルメットも無傷、頭は打たないで済んだ、よかった。

脳への血流量確保のために、バイク通塾。数ヶ月休んでいた塾に、この6月から再度通塾するにあたり、バイク購入決定。

その際、バイクがおそろしく好きな親族(運動という自己刺激が必要なADHD脳)に相談したところ、鈍臭いみかんには、細いタイヤのバイクは向かない。段差で制御できずに必ず転ぶと言われていた。私も、あの道(ゆるい下の坂道で段差あり)でこけそうだなと、思っていた場所で転倒。

そういう予測したことというのは、デジャヴュ的にほんとうに現実化してしまうことが多い。そういう現実を望んでいるのだとも言われるけどね、ほんとなの??!

親族は、太めのタイヤのMTB系のものにするようにといっていたが、みかんはなにせ性格の80%がASの特徴で成り立っているような人なので、当然無骨なMTB系のクロスバイクよりも、細いタイヤのロードバイクっぽいクロスバイクを選ぶのね。

繊細で、綺麗で、細部の作りがよくできている、入門機のくせに上位機種。

少し前まで乗っていたのはMTB系の子供用バイク(タイヤが太い)だったので、転んだことはない。もっとたくさん乗せておくんだったな。やっぱり親も乗らないとだめですね。

段差でいったいどんな風に転ぶの?MTB系とロード系のバイクの違いは?
と聞いたところ、みかんが欲しがってるバイクは、タイヤがロード並みに細いから、グリップしないし、段差でスリップする。細いタイヤで車輪の直径が大きいからスピードも出る。

細いタイヤはグリップしないが、段差はペダルに体重をかけて踏み込む形で車体を制御すればなんとかなる。だけどみかんはそんな器用なことできないだろ?と言われていた。

転倒時どうしてたのかとミカンに聞くと、ペダルに足は載せてたけど、立ち漕ぎではなくて、サドルには座った状態で段差に突入したらしい。

やっぱりそうなのか、、、、、ブレーキをかけながら、車体を路面に押し付けるように、体重をペダルやハンドル、車体に力をかけるのよ、などといっても、え、なにそれ?な不安そうな顔。言語化すると、そういうことなんだろうと思う。

みかんも、言葉だけの説明でもわかったらしい。言語の理解が早くなってきたね。

 

やっぱり、一緒に走ってやらないといけないのだろうか。
この間、車で並走したら、右折の時にマムの車の真後ろにぴったりつけてきて驚愕したし、、(ー ー;)

だから、もっとみかんが小さい頃に、一緒に走ってやればよかったのよ、
子育てをさぼるからこういうことになるのよ、

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中