ピアノの練習が頭打ちに。メロディーとリズムの変化に手がついていかないのは明らか。脳のどこかの接続が悪く、命令を伝えられない。もうあと一週間しかない、。

背中から、力を伝えることができない。腕の筋肉って、背中から繋がってるよね。

ジャンベなんて叩いてるのみると、背中の筋肉がピクピクしている。

もっと腰を入れて!!と激しく指導しても、なんかパワー不足。仙骨が内側に入りがちだし、床に足を踏ん張らない。足はエイリアンみたいに力なく椅子の下に横たわってる。こんなんで力入るわけないので、踏ん張って、ここで大きく息吸って!腹式呼吸よ!!!

と言ってみるも、ぜんぜんだめだ。

というわけで、藤牧先生のところでクレニオの予約を入れて診てもらった日曜日。

そうしたら、音が違う。そして力を加えられる!やったー!と喜び合う。今回は、頚椎の歪みもあって、動脈から血液がスムースに流れていなかったのもあったらしい。

みかん曰く、首の脇にでっぱりがあって、やだなと思っていたそう。そうだろうとも。君が小学校の時の体育の時間のマット運動の前転で、へなって倒してきた首の骨ですよ。

いちど整体に行ったけど、あれからまた変になってるわけね、、。

でもよかった。音が違う。全然違うから。ほんとうに血流って、大事なのね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中