咄嗟の反応

ここのところ、しばらくお休みしていたDMEkidsのレッスンを再開していた。なんだかレスポンスがスムース。けっこう長くなっているんだけどな。そうはいっても、2冊目が終わったところなので、2冊目全部の復習のタームでのことだから、去年やったことがどこかに残っているのかもしれないけど。

もちろん、実生活についてのイレギュラーな質問には返答に困っている。うんでもすんでもないので、聞き取れてないのかと思って、つい「〜〜って聞かれてるわよ!」って言ってしまう。

いやいや。フリートークだと、ジャストモーメントプリーズ、って言ってたりするから、とっさに反応することがだんだんとできるようになってきているかもしれないけど。

しかし、気になるのはこの冒頭の挨拶のやりとり。もうかなりの回数(たぶん100回以上)やっている、挨拶。Hello! How are you? このあとにたまにHow are you doing today? How was your sleep. などと続いた場合、突如フリーズ。

なんでそこでフリーズするんですか。。。元気?どう?眠れた?って言われてるだけやん!、、、笑

それで、どうしていつも固まるの?笑、と聞いてみたところ、 なんて言われてるかはわかってるんやけど、最初の質問にはI’m good.ってすでに答えたわけやし、朝一番なわけで、なんもしてないわけやし。。次もI’m good.でいいのか迷う。と、いうことらしい、笑。律儀に考えてるんですか、笑

まぁそうですよね。日本語で話してるときも、必ずしも「眠れた?」「ふにゃふにゃ」「うん」くらいの返事で、「わたくしは、昨晩はたいへんよく眠れましてよ。」みたいなことは皇室にでも住まない限り言わないわけで。

しかし、外国人にはよく眠れたか?どれくらい気持ちよく寝たか?みたいな雰囲気のことをよく聞かれる気がする。眠りは大事なのかもしれない。よく眠れたよ!

ともかくも、みかんはハイハイ、いいですよー、みたいな気楽な返事ができなくて、かといってさっきgood使ったからfineにしてみようか、という方向のシナプスも発生しない。適当でもいいから知ってる単語を繋げていっちゃおう!的なところもない。

まぁ、ほとんど日本人にしか会わない現実の中では、みんなこんなときいろんな返事してるよね!っていうのを聞いてないわけで、お返事のバリエーションを獲得するのは難しいですけれども。私もわからないし(笑)

いやいや、そこで「どんな返事のバリエーションがあるんだろう?」というような興味関心が、ここで喚起されないことがママは心配なわけです。

話す、ということも、運動のようなものだと思うのですよね。咄嗟に反応できないというのは、何か身体のどこかに障害が発生しているのだろうと思うのです。

明確な言葉がでなければ「あー」とか「うー」でもいいんですよね。それがなくて、ただフリーズというのが心配。隣の部屋で聞いているんだけど、みかんがフリーズしているのはわかる。

だって先生が、Hello?  Can you hear me ?  って大声で言ってるんだもの、笑

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中