ピアノを再開してよかった。しばらくすると、新しい音楽の先生がみかんにピアノ伴奏を指名した。といっても、他のできる子たちが辞退したからなんだけど。

みかんはけっこうはりきった。今度のピアノの先生は堅苦しくなく、選曲は自由にさせてくれた。もちろんクラシックも並行しながらやる。楽譜を手に入れて、熱心に演奏している。急に長い曲なんて大丈夫かと思ったが、けしてできそうにないことは断固取り組まないので、まぁ大丈夫なのかもしれない。

頭蓋仙骨に行ってから、突然大きな音が出せるようになった。合唱の伴奏は、どれだけ大きな音が出せるか?みたいなところも大事らしいが、みかんは大きな音が出せなかった。家にあるピアノが小型なせいもあるが、指に力が入らないのだ。

7月の授業参観では、なかなか花形(のよう)に見えた。自信をつけたろうと思うし、全クラス同じ曲を弾くのだから、出来不出来、進捗なども違う。一応弾けたことで、仲間からも一目置かれたろうと思う。

なにより、授業をとても楽しめたのがよかった。今まで、ピアノをやってはいるものの、なぜかいっこうに成績がよくなかったが、この時ばかりはよかった。

成績がよくない理由は、作曲家や譜面の記号をちゃんと覚えてないからだけど、そればかりでなく、音楽を楽しんでいるか?というところで低い評価がつくので、やっぱり目立つかどうかも重要なんじゃないかと思う。だってこの子は、とても音楽が好きなんだもの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中