テニスとバトミントン

81VaBVEOyhL._SL1500_.jpg

視機能の訓練には、ボールを追うのがいいということで、1年生の春から時々公園に行って、フリスビーみたいなものをやったり、丸い枠の中に伸びるネットが貼ってあって、色付きの真っ黒くろすけみたいなもじゃもじゃのゴムのボールを打ち合う羽子板みたいなのをやったりしていました。

休みの日にテニスをやる準備をしていた。昔のテニスラケットのテープを新しく巻なおす。公園でゴム付きのボールを打つ。

GWに滞在したパパ。コートを借りてテニスをやってみた。全然ダメ。パパはボールをよく見るんだ!といって叱責。悲しそうに立ち尽くすみかんちゃん。。

咄嗟に走ることができない。かーんってボールが打たれたら、普通反射的に走らなくっちゃ!って思うよね?それが無い。もー、ぜんぜんない。ボールが飛んできて、やっと2、3歩出るくらい。当然ボールの着地に間に合わない。

パパはボールが来る位置を読め!と叱責。そうして、最終的には科学的に解説している。ボールが飛ぶ軌道とか、いろいろ。悲しそうに立ち尽くすみかんちゃん。

隣のコートでは、小学校低学年の男の子二人とお父さんとお母さん。100球くらい用意していて、打ちやすい球を至近距離から投げてあげて、ヒットさせる訓練を課すお父さん。ボール拾いに徹するママ。それが終わったら、四人でプレーし始めて、けっこうラリーになってる。

そうですよね。ラケットを振る練習も十分じゃ無いのに、球がガットに当たる感覚もまだわからないのに、ね。

嗚呼。一緒に遊ぶ・練習する相手をわたくし、間違えました。一人でくればよかったなぁ(苦笑)。できるようになってからでないと、パパとは遊ばせられない。

今度は、公園でバトミントンをやってみた。全然ダメだ(笑)。ボールがガットにあたりませーん。よくてカツンっていう音がするだけ。ジャンプもできませーん。

こんなにできなかったとは・・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中